翼 たそがれどき

b0224616_18104557.jpg



感情を持たない鉄の塊


そこに想いを投影し、それぞれの物語を創り詩を奏でる





b0224616_18105686.jpg




鉄路であったり、駅の改札口


希望を橋に想うこともあるだろう





b0224616_18110870.jpg




改札口と言えば、伝言板がなくなってどのくらい経つのか


白いチョークの文字に喜び悲しみが描かれていたはず





b0224616_18111817.jpg




伝言板に 君のこと ボクは書いて 帰ります



野口五郎が哀愁を込めて歌っていたが、「私鉄沿線」という言葉の響きがチェリーボーイの胸を焦がしたものだ。


まわりに国電(まだJRじゃなかった)しかないところに住むシティボーイだったので、憧れたものだ。

それが高じて、高校を私鉄の京王電鉄で行くとこに決めたようなものだ。

ついでに「〜ヶ丘学園」ってのにも憧れて、志望校も決めたようなものだ。

平場に住んでるシティボーイにとって「〜ヶ丘」という名前に・・・



ものだものだって、何言ってるんだ、オレ・・・^^;




b0224616_18113158.jpg



by ミニストップの苺パフェを食べたい、今日この頃

# by tatuotoko0406 | 2017-03-07 18:39 | 日々、出来事 | Trackback

初代5Dをこよなく愛すも、じゃじゃ馬7Dも可愛い。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31