初夏の風の中

5月3日 憲法記念日


朝っからスカッ晴れの3日。

この日がオレのGW最終日。 ただ一日をトラ(愛猫)と昼寝で過ごし、休息にあてても良いのか・・・?

せっかく「マイ自転車」があるのに、それでい良いのか・・・?





深川

大横川に架かる、東富橋(とうとみはし)

b0224616_17472214.jpg



あふれる若さ! とは言わないが、まだまだ28歳くらい!!

お台場までのひとつやふたつ行かれなくて、焼酎が呑めるか!!

というわけで愛車に跨り、軽快にペダルを漕ぎ出す。


入谷から、深川は門前仲町を豊洲へ出て、フェリー埠頭へ向かう というコース取り。

往復ざっと28キロくらいか・・・  おっ、歳と一緒か(笑)




豊洲

なんともシャレオツというか、何というか・・・ 
高層ビルやらマンションやらが林立し、地べたに生活感のない街になった。

思うに、人が1階に当たり前のように住んでいた頃は、街に暖かみがあったような気がする。

年末の夜回りも糠に釘、というか、生活の気配を感じられない。

まして騒音だと苦情を言ってくるやつも居るわけで・・・ 
うるせーなら無人島にでも住みゃー良いじゃんな。

まあ、豊洲だ。

b0224616_17474380.jpg




豊洲と豊洲市場(話題のとこ)の間に広大な更地が広がる。

ここも高層マンションが建つのだろうか? 建つんだろうな。

ヨーロッパのように低層住宅の風景のほうが、品があって良いけどなあ。



b0224616_17474991.jpg


てんとう虫のサンバ。 チェリッシュは健在だろうか?


b0224616_17475671.jpg



老害・森喜朗元首相が作りたくて仕方のない環状2号線はここまで来ている。

まあ、ここまで来りゃ作りたいだろうが、そのために築地を売却したかったわけで利権の匂いが・・・


b0224616_17480218.jpg




話題の冷蔵庫棟。

かなり巨大だ。 確かにいっぺん可動したら止められないだろう。


b0224616_17480964.jpg




オレが言っても仕方がないが、作っちゃったもんは仕方がない。

安心面だが、それを何とか出来そうなのも小池都知事だと思うので、いい加減決めちゃおうぜ。



b0224616_17482345.jpg




ザ・東京湾


都会の海

海パン穿いて、ウロウロ出来るわけじゃないが好きだ。



b0224616_17483085.jpg




お台場に到着


楽勝で着いたが、帰りのことを考えると目眩がしないこともない。



b0224616_17484526.jpg




フェリー埠頭


見事に何にもない! 自動販売機しかねーし。

オレの予定ではここのレストランで小洒落たランチでもしよう!と思ってたのだが、なんにもねーじゃん〜〜


まあ、良い 文句は言うまい 調べもしなかったオレが悪い



b0224616_17485292.jpg




どうってことないが、観覧車



b0224616_17490299.jpg




レインボーブリッジと愛車。


愛車の名前だが、せっかくの白きボディ。夜明けのプリンス号にしたいところだったが、「白きプリンス号」

略して、白プリ号ってのどうだ!


b0224616_17490746.jpg




ザ・昼めし


なぜかマクドナルが頭から離れなくなり、スマホで検索。

直ぐ近くに、ロックオン! 便利な世の中になったもんだわな。



b0224616_17491490.jpg





↑ このリュックは何なのか?

一眼レフを持ってきたのだが、ほぼ持たないままに終わってしまった・・・

首から下げて走ると、重いのナンの〜 首痛になるわけにもいかない!

数枚は撮ったのだが、これなら身軽にスマホだけで勝負すれば良かったかな。




来た道を帰るのか・・・ やっぱ目眩がしないでもなかったが。


さあ、帰ろう


b0224616_17492086.jpg

by tatuotoko0406 | 2017-05-17 22:00 | スナップ | Trackback | Comments(26)

鶴見線 昭和の匂い 2

海芝浦駅へ行く線と別れる浅野駅で降り、メイン路線沿いを歩く。

ほどなくするとレトロ感あふれる町、安善町に入る。
道沿いには工場しか無いと思っていたところにポツンとは言わないが、唐突に現れた感があった。




b0224616_17053586.jpg




高度成長時代から、ここらへんの工場の従業員たちの胃袋を満たしていたんだろう。

おそらく最近ではデリバリー弁当がメインになってるんじゃないか? この店は営業していたがシャッターの降りている店も少なくはなかった。



b0224616_17054615.jpg



無人駅、安善駅

鶴見線は無人駅が多い。使う人達が限られているせいもあるのかも知れない。




b0224616_17062423.jpg



駅は小さくて無人なのだが、鉄路は幾線も敷かれている。

貨物路線が並行してるらしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



戦後の財閥解体で無くなったが、浅野財閥、安田銀行(財閥系)があったとのこと。
(ここからは日本昔ばなしの、常田富士男サンの声で・・・)

日露戦争後、重工業の必要性を感じ臨海工業都市を作るべく、浅野財閥を裸一貫で起こした浅野総一郎が東京港埋め立て株式会社を創設。

川崎から鶴見にかけての海を埋め立てる巨大事業に人生を賭ける。

その時、渋沢栄一の援助を受けるべく仲立ちをしたのが安田銀行の安田善一郎。

余談だが、本宮ひろ志の名作「俺の空」の安田財閥のモデルじゃないだろうか・・・



で、渾身のTBSドラマが出来そうな歴史を経て、その主人公たちの名前が駅または町の名に残ってるんだろう。

浅野総一郎(浅野駅)   安善町(安田善一郎)



それを思うと、この鉄路に漢を感じるのはオレだけではないんじゃないか。




b0224616_17060310.jpg




おもむろにコインランドリーと煙突が見えた。


コインランドリーはともかく銭湯はやってないだろうな・・・



b0224616_17065643.jpg



何ともこじんまりした銭湯で趣がある。


子安にも似たような銭湯があったなあ。







b0224616_17071340.jpg



失礼! 立派に現役でした^^


ちょっと調べてみたら人気スポットでレポもたくさんありました。


店主に密着した秀逸なレポでした。なかなかこうは出来ない! 才能だね^^




b0224616_17073125.jpg



町外れの公園に鯉のぼり。

地域の催しがあるんだろう。 青空にはためくところが見たかったな。




b0224616_17074425.jpg



以下次号!   ・・・たぶん。

by tatuotoko0406 | 2017-05-07 19:01 | スナップ | Trackback

鶴見線 昭和の匂い

5月1日


東京から横浜に行く道中、川崎と横浜に挟まれた微妙な町 鶴見。

東京湾に向かって巨大な埋立地がある。

その昔は海水浴が出来た浜に、日本の成長を下支えする工場群を作るために出来た埋立地。

幾つかの埋立地へ行くための支線。ちょうど木の枝のように幹から分岐するように各埋立地へと別れていく。



鶴見線

b0224616_16133717.jpg



鶴見から乗ると最初の分岐駅、浅野駅。

向かって右のホームから出る電車に乗ると、最近カメラ女子に人気の「海芝浦駅」へ向かう。

ちなみに鶴見から1つめの駅にこれまた人気スポット「国道駅」がある。


だけど今日のオレの目的はそこじゃない。

何しろ生まれついての、天邪鬼! 

人気があって最近たくさん人が来る、と聞くと行きたくなくなる性格は幼少の頃から変わらない。



川崎の隣町、鶴見。

赤茶けた工場の町に、ジョニー大倉のルーツを感じることが出来るんじゃないか? ルイジアンナのメロディを感じることが出来るんじゃないか?



b0224616_16140241.jpg


b0224616_16142141.jpg



歩いて思ったのは東芝の裾野の広さ。



b0224616_16144093.jpg




無能なトップの尻拭いで、どのくらいの一隅を照らす人たちが犠牲にならなければならないんだろう。

サザエさんは、どうなるんだ。



b0224616_16145712.jpg






線を延伸するのに作った踏切に「末広がり」の縁起の良い名前を付けたのかも知れない。



b0224616_16151508.jpg






この工場地帯を元気よく走り回っただろう、自転車。

川底で眠ることになるとは思わなかっただろう。 使い捨て・・・  悪しき言葉を思い出す。



b0224616_16161287.jpg




決して綺麗とは言えない公園に咲いていた、チューリップ。

ベンチに腰をおろし、暫く眺める。



b0224616_16153486.jpg




以下、次号      ・・・たぶん。

by tatuotoko0406 | 2017-05-04 17:02 | スナップ | Trackback

ライト

顔の見えないこの街の中


見知らぬ二人が


ぬくもりを感じる時




b0224616_19083157.jpg






注:オチはない





このブログも思いつきでやり始めてから、6年・・・

2ヶ月もやれれば、と思ってたがよく続いたなあ


吹かなくとも飛んじゃうような片隅の1片だけど、お見知りおきのご一党さん 懲りずに宜しくお願いします。

by tatuotoko0406 | 2017-04-27 19:21 | スナップ | Trackback

芝浦 高架橋下 2

b0224616_09390346.jpg



ほぼ2週間ぶりの更新か。

季節は初夏、桜満開の陽気になったかと思えば、春の嵐。

そう、あたたかい風が吹く前に重いコートを脱ぎ捨てなければ歩けなくなる。  と、谷村新司も言ってたな。(参考:秋止符)



b0224616_09391450.jpg



実際のところ、社交的で喋るのが好きな好ミドルボーイ。

あなたは素敵なダウンタウンボーイ、とも言われたのだが何故か暗めの写真が好きだ。




b0224616_09392453.jpg



レインボーブリッジの上から未来都市のような夜景を見るのも好きだが、その真下。

真下のとり残された感はもっと好きだ。


とり残された感、と言うと住んでる人は怒るかも分からないが。。。



b0224616_09393578.jpg



阪神の調子が上がらない。

下手すると開幕早々、消化試合になるような暗黒時代が来るんじゃないだろうな。

明るく爽やか、グリコアーモンドチョコレート草原編のような写真を撮らせる気にさせてくれ!


b0224616_09394505.jpg

by tatuotoko0406 | 2017-04-08 10:03 | スナップ | Trackback

芝浦 高架橋下 1

b0224616_13114168.jpg



今日は初夏のような陽気で、草花からもワルツが聞こえてきそうだ。

しかし、むせび泣くガットギターの響きも悲しげな、ムード歌謡を愛する男は蒼天の埠頭が良い。




b0224616_13115106.jpg



正確に言えば、レインボーブリッジ下 ということになるが、虹の橋って言うとなんか前向きで陽光麗らかな雰囲気になってしまう。

橋の下っていうと、それはそれで微妙な言い回しになる。

タイトルっていうのも難しいものだわな。

物書きを生業としてる人も大変だ。


物書きって言うと、オレの高校時代の友人が物書きをしてる。フリーで色んなジャンルのルポを書いてるが名前が面白い。

木村雷太と書いて、きむららいた と読む。

まさか、生まれた時からご両親が将来なる職業を想像し「らいた」→「らいたー」と思ったわけでもないだろう。

それだけの話だけど・・・



b0224616_13121315.jpg



ぜんぜん違う話だが、SMAPが解散してから「嵐」の輝きが無くなってきたように思う。

オレはファンでもないし、興味はないのだがSMAPが居た頃は輝いてた気がするが、もしかするとSMAP有ってのグループだったんじゃないだろうか?

まあ、ジャニーズはどうでも良いんだけどさ。

鉄腕ダッシュは好きで、見てるってことは付け加えておこう。



b0224616_13120543.jpg


by tatuotoko0406 | 2017-03-19 14:02 | スナップ | Trackback

路地の梅 入谷

b0224616_10392997.jpg





八百屋さんの発泡スチロールに植わってる梅。





b0224616_10395366.jpg




主が居なくなって数年は経つであろう。


ここらでは当たり前にある路地。


今年も春遠からじを知らせてくれた。


湯島天満宮の梅に比べても、というかこいつも比べられては困るだろうが佇まいは負けてないと思うぞ。




b0224616_10401479.jpg



by tatuotoko0406 | 2017-01-22 10:58 | スナップ | Trackback

浅草暮景 fin

さっき御徒町まで行くと、街中は日曜日のようだった。

昨日までのところが多いのかな。 どっちにしろ後2日ばかりで今年もドン(終わり、という意)か・・・


b0224616_15161294.jpg


前は切れ長の山田五十鈴のような顔が多かったように覚えてるが、雛人形もそうだが顔が変わってきてるね。


b0224616_15162211.jpg


流行りのものを出すのは、昔からあったような気がする。

君の名は。 評判がすこぶる高いが、俺らの年代の男で見に行ったやつが言うには「昔の転校生みたいなもんで、別に・・・」 

だからさあ、映画にしろ音楽にしろ食いもんにしろ、俺らの年代の男はターゲットじゃねーんだよ。 (T_T)

b0224616_15163391.jpg


真田丸、だと思うが。

堺雅人より、三浦友和に似てるように見受けられる今日この頃・・・

b0224616_15164390.jpg


全然、こっちに人の流れが来ねーよ! 参ったなあ〜

割りと大声で言ってるので、余計に来ないんじゃないか・・・?

b0224616_15170353.jpg



数メートルしか離れてないんだけど、たしかに場所は重要だ。

b0224616_15165390.jpg


凧。

b0224616_15171203.jpg


変わり羽子板。

b0224616_15172206.jpg


晩酌の時間も迫ってるので、そろそろ引き上げようか。

b0224616_15173219.jpg


帰りは花やしき方面を抜けよう。

b0224616_15174148.jpg
b0224616_15175177.jpg



まあ、なんだかんだ言いながら今年もブログを続けられた。

来年も時期外れになったのナンの、南野陽子♪ 吐息でネットで続けるか。

だって 自分が楽しければ良いじゃないの 幸せならば     by みつを     でも良いし。。。



b0224616_15180271.jpg


良いお年を。

by tatuotoko0406 | 2016-12-29 15:44 | スナップ | Trackback

浅草暮景 3

羽子板市


地元に居ながら羽子板市に来たのは、記憶にない。

b0224616_18015328.jpg



良いもんだね。

何事もなければ、毎年変わらずにあるものってのは淡々とした月日の流れを表して、良い。

変わらないもの、変わっちゃいけないものを守っていくのは若い頃はピンとこなかったが、大変なんだよな。

地味だけど、それが人間の営みってもんじゃないか。             by 車寅次郎



b0224616_18021487.jpg



b0224616_18020496.jpg




ここに来る人達もただ羽子板が欲しい、という人はあんまり居ないような気がする。

この雰囲気を味わいたい。

今年もまた来られたな。

来年も頑張ろう。

そう思いに来てるんじゃないだろうか。




しかしこのセンターの羽子板は別嬪さんだな。
b0224616_18022463.jpg



御徒町に知る人ぞ知る、寿司屋さんがある。 プロ野球選手&クラシック演奏家御用達のような店だが、寿司屋って言うと値段は時価。

怖くて入れない! バブル後はそういう時代になったよな。

安かないけど表に値段を出したところ、納得して入れるので近所の人もハレの日なんかに利用するようになり、ランチなんかはたくさん人が来る。


羽子板も、値段を出してくんないかね^^;

オレなんか気が弱いから、値段を聞いたら買わなくちゃなんない って思っちゃうもんな^^;



b0224616_18023569.jpg


ちゃんとタマ(なんて言うんだ?)、タマじゃなく羽根か・・・  (今ググってきた)

羽根も売ってんだね。


b0224616_18024621.jpg


スマホでスマートに撮って、ツイッターやインスタにアップする♪ 

今は情報量が凄いなあ。 リアルタイムで混雑が分かるもんな。

b0224616_18025879.jpg


昨日のスマスマ最終回

今日はスマロスで大変な方も多いだろう・・・         有馬温泉へ行くやつ、良かったね。

by tatuotoko0406 | 2016-12-27 18:42 | スナップ | Trackback

初代5Dをこよなく愛すも、じゃじゃ馬7Dも可愛い。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31